治療方針

村橋歯科が目指すもの 村橋歯科5つのこだわり



いままで治療が終わったら、このような説明を受けたことはないですか?
「今日で、治療は終りです。また、痛くなったり、問題があったら来て下さい。」
ほんとうにこれでいいのでしょうか。

歯科医院本来の姿は、歯を削ったり抜いたりするのではなく、歯を削らずにすむように、歯を抜かずにすむように、皆様方のお口の健康を守ることです。
歯や歯肉の痛みが出てから受診するのではなく、痛みが出ないように、治療をしなくてすむように受診する、そのような診療所を目指しています。

ただ歯科医師をはじめとする医療サイドだけでは皆様方のお口の健康を守ることはできません。皆様方自身が健康になりたいと思う強い気持ちと協力が欠かせません。
痛みがあってから治療するという従来型の歯科治療から脱却して、いつまでも健康なお口を維持するために歯科医院に行くと言う考えに変えてみてはいかがですか?

ご自身の歯は、自分自身で守ることができるのです。

平成15年に施行された健康増進法のなかで、歯周病は高血圧、糖尿病、ガンなどとともに生活習慣病の一つに認定されました。内科で毎月血圧、血糖値を測定するのと同様に歯科医院で定期的にお口の中の健診、クリーニングをすることが当然となったのです。当診療所でも来院される約三分の一の患者様が定期健診、お口の中のクリーニングです。私達は皆様の大切な歯をできる限り削ったり抜いたりしたくありません。

村橋歯科診療所は皆様方のお口の健康を守り、皆様方のいきいき、きらきら輝いたライフスタイルをサポートする、皆様方の一生涯のパートナーでありたいと考えています。

「患者さんから学ぶ」私の恩師である故 東 与光教授が診療の傍ら口にされていた言葉です。いつまでもこの気持ちを忘れずに診療に務めます。

村橋歯科診療所 院長 村橋秀夫

ページの先頭へ


村橋歯科5つのこだわり

レントゲン(※1)、顎模型、口腔内カメラ、40種類のパンフレットを使用し、専門用語をできる限り使わずに平易な言葉でわかりやすく説明します。
※1: 日本でも数少ない歯科放射線の認定医です。

安心な歯医者さんです
怖いイメージの白衣は脱いで、親しみやすく。清潔なポロシャツで安心です。

アロマでリラックス。日本アロマセラピー学会が唯一公認の「アロマックス」で、消毒臭を感じません。

南欧のホテル?サロン?温かな色と素材で居心地の良さを追求しました。

歯科医院らしくない雰囲気が好評です。

できる限り痛みを与えない歯医者さんです
麻酔をするときのチクッとする痛み、誰でもいやですね。当診療所では針を刺す前に表面麻酔と呼ばれる塗り薬をします。そして少し感覚が鈍くなったところに極細の針体温に温めた麻酔薬を使用して麻酔をします。
全く痛くないことはありませんが少しでも痛みを与えないように配慮しています。また極秘のテクニック(紙面では説明できない?)を使って、できる限り痛く無い麻酔をしています。

なるべく削ったり抜いたりしない歯医者さんです
虫歯も極初期のうちは削らずに、定期的フッ素塗布予防充填で管理することにより、削らずにすむこともあります。ぐらぐらになって保存不可能な歯は別として、根っこだけになった歯も治療をして、なるべく抜かないように努力しています。

従来の削って詰める治療体系から、予防中心の治療体系に移行する。今までは早期発見、早期治療といわれてきましたが、これからは早期発見、早期管理です。

定期的にお口のクリーニングをする歯医者さんです
どうして一日2回、3回磨いているのに、虫歯ができたり、歯周病になったりするのでしょうか?

ズバリそれは磨けていないからです。 磨いたことと磨けたことは全く違います。皆さんは、歯のどの部分が汚れやすいがご存知ですか?

  1. 歯のかみ合わせの面の溝
  2. 歯と歯の間
  3. 歯と歯肉の境目

皆さんはこれら以外の所を一生懸命磨いて、汚れているところを磨くことが疎かになっているのです。歯と歯の間の汚れや、歯周病に罹患して深くなったポケット内面の汚れは、ご家庭での歯磨きで除去することはできません。歯科医院でしか、きれいにお掃除できないのです。皆さんの口腔内のリスクに応じて、 一ヶ月、二ヶ月、三ヶ月、四ヶ月、六ヶ月と定期的にお口の中をきれいにクリーニングします。

ページの先頭へ