矯正歯科について

矯正

矯正治療をいつからはじめるのが良いとお考えでしょうか?治療を開始する最適な時期は、お子様の症状によって様々です。

日本矯正歯科学会では、7歳までに歯並びのチェックを受けましょうと推奨しています。

お気軽に当診療所にご相談下さい。

歯科矯正とは(歯列矯正)とは?

悪い歯並び、噛み合わせを、正しく噛み合うようにして、キレイな歯並びにする歯科治療です。矯正装置を通じて、歯や顎の骨に力をかけ、歯並びと噛み合わせを治していきます。

とくに、前歯が顔貌に与える影響は大きく、不正咬合(歯列不正)を意識しすぎて、劣等感から消極的になり、社交性を失ったりすることがあります。また、子供が、からかわれたり、いじめの対象になることもあります。現代社会においては、このような心理的障害も重要な問題です。

不正咬合(歯列不正)を治すことで、自分の容姿に自信が持て、積極的になり今までのコンプレックスを解消することも、矯正治療のひとつの目的です。

お子様にこんな症状はありませんか?

 

症例1

咬み合わせはよいが歯並びが悪い

歯並びの治療だけですので、比較的短期間で治療が終了します。

 

症例2

咬み合わせが悪く(前歯が咬み合わない 開口)歯並びも悪い


まず、咬み合せの治療をしてから、歯並びの治療をしますので、治療期間が長くなります。

 

症例3

咬み合わせが悪く(俗に言う受け口 反対咬合)歯並びも悪い

まず、咬み合せの治療をしてから、歯並びの治療をしますので、治療期間が長くなります。セラミックスの材料を使用すると矯正器具があまり目立ちません。

開口や反対反対咬合の治療時期が遅れると、歯科矯正治療だけでは治らないこともあります。治療の適切な開始時期を知ることが大切です。

矯正の詳しい料金についてはこちらへ


矯正歯科に関するお問い合わせ・無料相談はこちらから